ご自宅での猫ちゃんの血糖値測定|千代田区の犬と猫の内科の病院「まつき動物病院」

診療科目と症例紹介

ご自宅での猫ちゃんの血糖値測定

糖尿病の猫ちゃんを正しく治療して長生きしてもらうためには、血糖値の動きを正確に知り、それに見合ったインスリン注射をしていく必要があります。

しかし、ストレスに弱い猫ちゃんは通院しただけで血糖値が高くなってしまい、病院では普段より高い血糖値になることがあります。

そのような場合には、自宅での血糖値を測定していただくようお願いすることがあります。簡単な手順をお示しします。

 

1.おとなしい猫ちゃんであればエリザベスカラー(首かせ)は必要ありません。耳を触られることで手が出やすい猫ちゃんは、飼い主様の安全のためにカラーを装着してください。

 

2. 針で飼い主様自身の指を刺さないように、耳たぶの裏側に脱脂綿をあてがってください。そして注射針で耳たぶの縁を軽く刺します。

 

3.針で刺したところから少量の血液が出ます。

 

4.あらかじめ用意しておいた血糖測定器の先端に血液を触れてください。

 

5.数秒で血糖値が表示されるので、ノートやメモに書き取ってください。出血したところは清潔な脱脂綿で表と裏から挟むように圧迫してください。30秒〜1分ほどで止血できます。針を刺した跡はほとんど分からなくなります。

 

血糖測定器は必ず犬・猫用のものを使用してください。人間用の血糖測定器では不正確な結果になります。

血糖測定器は、必要に応じて当院から貸し出しております。写真は貸出用の血糖測定器と消耗品です。院内で使い方のトレーニングをしていただき、ご自宅で1週間〜10日程度お使いいただけます。

血糖測定器を購入ご希望の場合はスタッフにお知らせください。価格は機種によって異なりますが、写真のものは本体が15,000円程度、消耗品は血糖測定50回分で7000円程度です。

(院長 松木)